読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告

確定申告について書いてみようと思う

個人事業主の自家消費

個人事業主で自分のお店で販売している人は、その商品を自分で消費したり、友人にあげたりします。そのようなときにも会計処理が必要です。


所得税法』では実際に金銭のやりとりが無い場合でも、売上を計上しなければいけません。青色申告書や収支内訳書には『自家消費』の計上に関する欄があります。

 


売上として計上するときは、通常の販売金額で計上しますが、棚卸資産の場合には取得金額か、販売価格の7割のいずれか大きい金額で計上することができます。

 

 

注意点


自家消費は販売している商品を消費した場合に該当しますが、サービスの提供の場合は自家消費に該当しないので売上計上は不要です。


例:美容院を営んでいて友人の髪をカットした。
家庭教師が知り合いの子供に教えた。  

などです。